こんな時どうすればいいの? 入居者の不安も解消!入居後の困ったも解決!

1

上手な照明選び

~お部屋の雰囲気作りは明かりがポイント~

上手な照明選び

お部屋は光=照明の使い方でどんな印象にも変えられると言っても過言ではないほど、照明にはイメージをコントロールする力があります。部屋のテイストに合った照明でコーディネートしていきましょう。

 

【場所に合わせる】

照明001.jpg

 部屋の広さや用途によって適する照明は異なります。リビングなどメインになるお部屋はついつい明るくしてしまいがちですが、あまり眩しすぎると気が休まらずくつろげる空間にはなりません。テレビやパソコンの画面の光が悪目立ちしない程度の明るさのものを選びましょう。10畳の部屋で100Wくらいが目安です。

 次にキッチン・ダイニングです。料理をしたり食事をする場所では、食べ物が美味しそうに見える白熱灯の光が効果的です。また、明るく楽しげな雰囲気をだしたいときは蛍光灯がオススメ。ただし、同じ蛍光灯でもバスルームで使用すると肌が青白くみえてしまうので、バスルームには白熱灯が適しています。明るさは60W、トイレも同様の明るさがちょうどよいでしょう、。

 最後に玄関。人を迎え入れる場所なので、空間をパーッと明るくする蛍光灯の光で玄関全体を照らしましょう。

 

【照明カバーをチェンジ】

 アパートやマンションなどで使われることの多い天上直付けのシーリングライトは、スイッチ一つで部屋全体を明るくしてくれるアイテムですが、均一な光やシンプルなデザインがお部屋のコーディネートの幅を狭めてしまいます。しかし、それを取り替えるのは簡単な作業ではないため、結局照明は入居当時のまま、という方も多いのではないでしょうか。

 そこで、照明カバーだけを取り替えてみましょう。同じ全体照明でも、カバーを取り替えるだけで光の量や色、陰影などを調節することが出来ます。また、配線等を換える必要がないため、誰でも手軽にチャレンジすることが出来ますよ。

 

【間接照明を活用】

照明002.jpg

 間接照明とは「光源からの光を天井や壁に当て、その反射光を利用する照明方式」のことです。陰影やまぶしさが少なく、やわらかい反射光を作り出すことができます。部屋全体をやわらかい光が照らすのでリラックスできる空間を作るのにぴったりです。

 また、部分的に照らすことで室内に「明るさの濃淡」を作り、部屋を立法的に見せることが出来ます。一般的に光は床に当てると天井が低く、部屋が狭く見えるので、間接照明により光を壁にあてることで天井は高く感じられ、結果として部屋を広く見せることができます。

 

物件についてのお問い合わせは、お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤルよいお部屋を0120-41-0880

メールでのお問い合わせはこちら

1