こんな時どうすればいいの? 入居者の不安も解消!入居後の困ったも解決!

1

春の花粉症対策

~あなたは大丈夫?~

春の花粉症対策

北海道も雪解けが進み、春らしい陽気に心も弾みますね。ところが、春の訪れと共にやってくるのが「花粉症」です。現在日本人の30%~40%の人が花粉症を患っており、その数は増加の一途をたどっています。また、昨年まで大丈夫だった人も、突然発症することがあり予測が出来ません。そこで今回は花粉症のメカニズムと対策をご紹介します。

 

■本州とは異なる北海道の花粉症

しらかば.jpg くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ・・・家風賞の症状って本当に辛いですよね。これは春先に飛散する「スギ花粉」が主な原因とされており、鼻や目の粘膜に接触することによって引き起こされるアレルギー疾患の一つだといわれています。

 ところが、ここ北海道に「スギ」は自生していません。ならば、北海道民に花粉症はいない!?・・・なーんてことには残念ながらなりません。なぜならスギの代わりに「シラカバ花粉症」という北海道独特の花粉症が存在するからです。そして、最近特に急増している花粉症も「シラカバ」によるものだと判明しました。

 

■予防策は?「触れない・持ち込まないが鉄則!」

 とにかくアレルギー物質である花粉に接触しないことが大切。これまで軽症で気付かなかった人も大量に吸い込むことで症状が強くなる場合があります。しかし、外を歩かないわけにもいきませんよね。外出時にはマスクやメガネ、また花粉が付着しにくいナイロン・ポリエステル製の衣料を着用し、帰宅した時は衣料の花粉を払ってから室内に入るようにして下さい。市販されている花粉防止スプレーを利用するのも効果的かもしれません。

 ちなみに前日が雨で、カラリと晴れた気温の高い日は花粉が多く飛んでいるので要注意!

 

■花粉症対策グッズ

 上記でも少し述べましたが、市販の花粉症対策グッズをご紹介しましょう。

鼻クリーム.jpgまずは、室内の花粉対策「空気清浄機」。大体の機種に花粉対策機能は付いているのが最近の傾向。マスクをするのが恥ずかしい人には「鼻クリーム」がオススメ。クリームで鼻の中に保護する膜を作って花粉をキャッチしてくれます。

 また、携帯サイト「ウェザーニューズ」が携帯電話向けに花粉対策メールサービスを開始しました。登録した所在地の花粉飛散予報から、登録者の症状に合わせて個別情報を毎朝配信してくれます。花粉症対策もここまでくるとは驚きです。(利用料金/月額315円)

 

■今春の花粉最前線

 花粉症が気になりだしたら、春が待ち遠しいどころか、なんだか憂鬱になってきていませんか?でも、そんなに落ち込まないで!なぜなら今春の北海道のシラカバ花粉飛散量は、平年の半分以下との予測が発表されています。しかし、あくまでもこれは予測ですので、くれぐれも花粉症対策は万全に。

 また、食生活や不規則な生活の改善、ストレスを溜めないことも大切です。花粉症に負けない健康な身体作りを心がけ、清々しい爽やかな春を迎えましょう。

 
物件についてのお問い合わせは、お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤルよいお部屋を0120-41-0880

メールでのお問い合わせはこちら

1