こんな時どうすればいいの? 入居者の不安も解消!入居後の困ったも解決!

1

寒い冬の灯油節約術

~まだまだ高い灯油代~

寒い冬の灯油節約術

昨年よりだいぶ値下がりしてきたものの、まだまだ高値感のある灯油。そこで、今回は寒い冬の節約術を紹介いたします。自分にあった方法を見つけて、かしこく、そして無理せず灯油代を節約しましょう。

 

■扇風機を使おう!

「冬に扇風機?」と思われる方は多いかもしれません。ですが、暖房を使っていると暖かい空気は部屋の上、寒い空気は下にくる習性があります。暖房を使っていても足元がなかなか暖まらないのはそのせい。そこで扇風機です。

扇風機を上に向けて室内の空気を循環させることで暖かい空気が上に偏らなくなり、部屋全体をまんべんなく暖めることが出来るのです、手軽に済ませたい方は、うちわでもOK。

 

■カーテンを使おう!

部屋の熱はいったいどこから逃げてしまうのでしょうか。実は、部屋から逃げる熱の約3割は窓から逃げてしまうのです。そこで、長めで厚手のカーテンを利用することで、熱の逃げ道をふさぎ、灯油を節約することが出来るのです。(※ただし、窓によっては結露する場合がありますのでご注意下さい)

 

■断熱シートを使おう!

窓ガラスに断熱シートを貼ることで、カーテンと同じく窓から熱が逃げるのを防ぐことができます。カーテンを開けていても効果があるのがポイント。日当たりの良い窓なら、天気のいい日は太陽の熱を取り込んで、さらに灯油代を節約できます。

 

■フィルターを掃除しよう!

ファンヒーターだけでなく、ストーブの後ろにフィルターが付いている場合、そのフィルター部分を掃除機でこまめに掃除しましょう。ほこりがたまってしまうとストーブに負担がかかり、灯油の減りも早くなります。

 

■温度設定をチェックしよう!

「なんだ、そんなことか・・・」などと言わずにチェックしてみてください。半袖でも過ごせるような温度設定になっていませんか?簡単なことですが、設定温度を2度下げるだけで年間167リットルも灯油を節約(※1)できるんですよ。

※1・・・北海道経済産業局調べ

 

物件についてのお問い合わせは、お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤルよいお部屋を0120-41-0880

メールでのお問い合わせはこちら

1