こんな時どうすればいいの? 入居者の不安も解消!入居後の困ったも解決!

2 次の5件>>

人・環境にやさしいエコ掃除

~毎日する掃除だからこそ...~

人・環境にやさしいエコ掃除

 

 

洗剤や漂白剤を使わずにお掃除をする「エコ掃除」が注目を集めています。環境によいだけでなく、手荒れや咳き込みなど体への負担もなくなります。お部屋にある身近な素材を使うのでお金もかかりません。いいことづくしの「エコ掃除」、早速取り入れてみましょう!

 

 

 

◎"粉"編

キッチンなどの油汚れは、時間が経ってしまうと洗剤でもなかなか落とせないもの。でも、小麦粉や片栗粉、重曹 などの粉に吸着させればふき取ることができます。てんぷらの衣のあまりなどを取っておいて使えば、リサイクルにもなりますね。フライパンなどに残った油汚 れも塩をかけて吸い取らせることで、水も洗剤も少なくてすみます。茶碗やコップの茶渋は漂白剤を使って取りますが、次に使うときに匂いが気になりません か?そこで、塩や重曹が役立ちます。スポンジにつけてこするときれいに落とすことができ、もちろん匂いもありません。

 

 

◎"野菜"編

野菜を調理したときに出るヘタ、いつもであれば捨ててしまうところですが、実はお掃除に使えるんです!たとえ ば、茄子やキュウリのヘタにクレンザーをつけてステンレスの流しや鍋をこすると、こびりついた汚れがきれいに落ちます。お風呂場や排水溝、シンクの水垢な ども、タワシ代わりにゴシゴシこするとよく落ちます。洗面台などの傷つきやすい部分は、レモンの切れ端がおすすめです。野菜のヘタは包丁研ぎにも使えるな どいろいろなパワーを秘めています。新しい使い道がまだまだあるかもしれません。エコの一環として考えてみませんか?

 

 

◎"お酢"編

「エコ掃除」に欠かせないアイテムが『お酢』です。冷蔵庫など食べ物を扱うキッチンの掃除に中性洗剤を使うのは、少し抵抗を感じますよね。その点、お酢であれば口に入れても安心・安全でかつ、汚れを落とすだけでなく殺菌力もあるので清潔に保ちたい場所のお掃除にぴったりです。具体的な掃除方法としては、水5に対して酢1の割合で薄めたものを台所のシンクやお風呂場の鏡などにつく白っぽい汚れに塗り、10分ほど放置してからブラシでこするとピカピカになります。他に、グラスの曇り防止にも効果的です。

新たな年の始まり、模様替えをしよう!

A HAPPY NEW ROOM ?

新たな年の始まり、模様替えをしよう!

 

お部屋の模様替えは気分を一新させる効果があります。新年のスタートに合わせて、年末の大掃除できれいになったお部屋をより快適な空間へ変身させましょう。

 

≪物を動かすその前に・・・≫

模様替えの第一歩は〝自分の部屋を把握する〟ことです。毎日生活していても、部屋のサイズや家具の大きさなど は意外と分かっていないものです。そこで、まずはおおまかな部屋の平面図を描いてみましょう。何をどこに配置して、どんな雰囲気の部屋にしたいのかを図面 におこすことで、スムーズに模様替えが行えます。

 ちなみに、家具と家具(もしくは壁)の間を人が通ると考えた場合、90㎝で普通、120㎝で余裕、60㎝で ギリギリというのが目安になります。いざ置いてみると前よりも不便になってしまった・・・なんていうことにならないためにも、家具の配置を考える際、参考 にしてみてはいかがでしょうか?

 

≪部屋を広く見せるために・・・≫

  • 家具の配置

部屋の壁という壁すべてに家具を配置すると圧迫感があり、部屋を狭く感じさせてしまいます。置く面と置かない 面を分けるとメリハリがつき、すっきり見えます。さらに高さがある家具は部屋の入口側に、高さがない家具は入口と反対側の壁に配置すると部屋に奥行きがあ るように感じられ、広く見えます。


  • 色を統一させる

例えば壁が白系の部屋であれば、ベージュが中心の家具や白いラグを配置するなど、壁の色と同系色にそろえるこ とで、部屋全体が広くなったように感じられます。でも、そのために家具を買い替えるのはもったいないという方は、自分で塗りなおすのも手ですが、布をかけ るだけでも十分効果があります。


  • 素材を統一させる

スチール製のラックに木目のテーブルなど、素材の異なるものが同じ空間にあると雑然とした印象になるだけでなく狭さも感じてしまいます。この場合も、布を一 枚かけるだけで見た目の印象がガラリと変わるのでおすすめです。それに合わせてカーテンやクッションカバーなどのファブリック類も替えるとより統一感が増 して、広く見えるだけでなく、すっきりとまとまったおしゃれなお部屋が完成します。

どうする?今年の大掃除

~一年間お世話になりました~

どうする?今年の大掃除

 

楽しみがいっぱいの年末がやってきます!でもその前に、一年間お世話になったお部屋の大掃除を忘れてはいけません。ただ、「時間がない」「めんどくさい」という声が聞こえてきそうなので、今回は、家にあるもので簡単にできる大掃除術をご紹介しましょう。

 

フリースを使おう

昔着ていたフリースが、クローゼットの中で眠っ ていませんか?実はこのフリースが大掃除で大活躍してくれます。軽くなでる程度で、テレビ画面のホコリやフローリングのごみなどがどんどんとれていきま す。適当な大きさにカットして保存しておけば、大掃除だけではなく、普段の掃除でも活用できるので、気になるホコリをどんどんふきとっていきましょう。

 

お酢を使おう

レンジのまわりは、はねた油などで汚れています。時間がたっているものほど落ちにくく、強力な洗剤などを使わなくてはいけないのですが、においがきつかったり手が荒れてしまったり・・・ 

 そこで登場するのがお酢です。お酢を雑巾に含ませて汚れをふきます。すると、頑固な汚れが驚くほど簡単に落ちていきます。殺菌作用もあり、キッチンの掃除には最適なアイテムです。 

 

古新聞を使おう

古新聞は、窓をピッカピカにするために使います。

 まず、古新聞紙を8等分くらいに手で裂き、その半分だけ軽く湿る程度に濡らします。残りはそのままです。 湿った新聞紙と乾いた新聞紙を左右の手に持ち、湿った新聞紙で窓を一通り拭きます。その上を乾いた新聞紙で水気をとるように拭いていくと、窓ガラスが驚く ほどにピッカピカになるんです。

 その秘密は、新聞紙のインク。拭くとインクが膜を作り、ガラスを光らせます。さらに、汚れもつきにくくなるので、一石二鳥です。ただ、窓がきれいになっていくと同時に、自分の手が汚れてしまうので、ゴム手袋の使用をおすすめします。

 

小麦粉を使おう

大掃除のくせものといえば「換気扇」。見て見ぬふりをしてしまいたくなりますが、そうすると毎年汚れが蓄積されて、取り返しのつかないことになります。そうなってしまう前に、ぜひこの方法を試してください。

 まず、換気扇を取り外し、広げた新聞紙の上に置きます。その上からまんべんなく小麦粉をふりかける、それだけです。しばらくしてから、その粉を指で落としていくときれいな姿が現れます。小麦粉が油を吸収して、きれいにしてくれるのです。

 

時間も費用もかからずに、大掃除ができちゃいます。気持ちよく新年を迎えるためにも、ぜひ実践してみてください。

快適な冬を過ごす裏技

~北海道の長~い冬が始まります~

快適な冬を過ごす裏技

北海道で一番長い季節ー冬が始まります。厳しい寒さ、大量の雪、いろいろと悩まされますよね。せめてお家の中では快適に過ごしましょう。簡単にできる裏技をご紹介します。

 

暖房

朝目覚めたとき、外出先から帰宅したときなどは、お部屋が冷えきっています。暖房をつけても、お部屋全体があたたまるには時間がかかりますよね。そこで、少しでも早くお部屋をあたためる裏技の登場です。

 暖房であたたまった空気は、まず部屋の上のほうにたまり、足元に冷たい空気が入り込んでいきます。徐々にあ たたかい空気が広がっていきますが、それを早めるアイテムがこの夏活躍した扇風機です。本来は涼むためのものですが、これを天井に向かってまわすことで、 上にたまったあたたかい空気が循環し、お部屋全体を効率よくあたためることができます。

 暖房をめいっぱいつけるよりも、ちょっとした工夫で、しっかりとお部屋があたたまり、かつ省エネにもなります

 

体内から温める

暖房でお部屋があたたまったら、次は体の芯から温めて、温もりを持続させましょう。

 まずは入浴。熱~いお湯につかりたくなりますが、3740℃のぬるめのお湯にみぞおちまでつかる半身浴で2030分が目安です。上半身が寒いと感じる時には、肩にタオルをかけるなどして、冷えないように調節しましょう。

 足浴も効果的。両足が入る大きさの容器を用意しお湯を張ります。温度は4042℃で、寝る直前はぬるめ、寝る一時間以上前ならちょっと熱めがいいでしょう。足先があたたまり、体がポカポカして汗ばむくらいまで続けたら、足に冷水をかけて終了です。この冷水がポイントで、これをしないと逆に体が冷えてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

静電気防止

冬の乾燥した空気は静電気がおこりやすくなります。その対策として、まずはお部屋の湿度を保つことが大切です。加湿器をお持ちでない方も、空中に霧吹きスプレーで水分を噴霧するだけで湿度を上げることができ、静電気がおこりにくくなります。

 細かいところでいうと、ドアノブに触れる前に指先をウェットティッシュで湿らせておいたり、ハンドクリーム を塗って指先の乾燥を防ぐのも効果的。髪をブラッシングするときには、あらかじめ整髪剤や水分を髪にスプレーしておくだけで、静電気が軽減されます。今年 の冬、ぜひ試してみてください。


上手な衣替えのコツ、教えます。

~季節の変わり目の大仕事~

上手な衣替えのコツ、教えます。

季節はすっかり秋。なのに、クローゼットの中はまだ夏...という方、多いのではないでしょうか?寒さが本格化してしまう前に、衣替えをしておきましょう。ちょっとの手間で、衣類を長持ちさせることができますよ。

 

洗濯のコツ

夏物衣料は、ドライクリーニングでは落ちない水溶性の汚れ・汗を多く吸い込んでいます。そのまま収納してしまうと、シミ・カビ・虫食いの原因となってしまいますので、衣類の絵表示を確認しながら、それぞれに合った正しい洗い方で、きれいにしましょう

  • 襟や袖の黒ずみ...部分用洗剤で前処理をして、頑固な汚れを落とします。
  • 真っ白いもの...40度程度のお湯に酸素入り洗剤を溶かし、1時間以上つけておきます。そして、蛍光剤や漂白剤入りの洗剤で洗濯機洗いをします。くれぐれも色つき衣類を混ぜないように。
  • 柄もの、色の濃いもの...色あせ防止成分配合と明記された洗剤がオススメです。干すときは裏返しにして干します。
  • 水洗いができないもの...クリーニングを利用しましょう。クリーニングに出す 場合、一点注意しなければならないのが、戻ってきたときにかかっているビニール。これは運搬時の汚れを防止するためのもので、保存するためのものではあり ません。収納する際には、ビニールを外し、一晩陰干しをしたうえで、不繊布のカバーに掛け替えましょう。

収納のコツ

衣類がきれいになったら、次は収納です。むやみやたらに押し込んでしまっては、せっかくきれいにした衣類が台無し。来シーズンも気持ちよく着るために、工夫をしながらしまいましょう。

  • たたむもの...半年近く折りたたまれた状態が続くと、くっきりとあとが残ってしまいます。そこで、折り目部分に丸い棒状のものをはさんでおくと、あとがつきにくくなります。ストローをテープで束ねたものは、軽いわりに丈夫で重宝します。
  • 襟のあるもの...タンスでも、収納ケースでも、衣類を重ねて入れるため襟がつぶれてしまいます。いらなくなったTシャツなどを適当な厚みになるよう丸めて襟の中に入れておくだけで、つぶれるのを防いでくれます。

こんな考え方も...

衣替えをしていて、今年一度も袖を通さなかった 衣類が出てくることもしばしば。もし、何年も着ていない衣類があったら、思い切って処分を考えてみましょう。処分といっても、すぐに捨ててしまうのはもっ たいありません。例えば、フリーマーケットへ出したり、家族・知人へ譲ったり、いろいろな方法があります。

 「まだ着るかもしれない・・・」という考えが、収納スペースをどんどん圧迫していませんか?衣替えをきっかけに、眠っている衣類が来年も必要かどうか、改めて吟味してみてはいかがでしょう。

物件についてのお問い合わせは、お気軽にご連絡ください。
フリーダイヤルよいお部屋を0120-41-0880

メールでのお問い合わせはこちら

2 次の5件>>